プロフィール

PARADIGMとは?

 私達は「PARADIGM(パラダイム)」という団体です。元予備校講師&進路アドバイザーと大学生数名で立ち上げたました。現在、NPO法人設立に向けて活動中です。

各SNSなど

メールアドレス:info@paradigm.okinawa

Twitter:こちら

Facebook:こちら

質問箱:こちら

note:こちら

活動の目的は?

 PARADIGMは、日本に顕在化しつつある貧困を、教育の視点から是正していくことを目的としています。上記の目的のもと、各ライフステージ(幼年期・児童期・青年期・壮年期・老年期)に属する一般市民に対し、進学のための学習支援や生涯学習支援、就職支援を提供することが具体的な活動内容です。
 これらの支援によって、それぞれの世代が生きる力を養い、主体的に社会貢献できるようになることを期待しているのです。特に、幼年期・児童期に属する貧困層に対する支援を充実させることで、教育格差の是正から貧富の格差是正に繋がるような構造改革を最終目標としています。

 つまり、PARADIGMの活動内容は以下の通りです

  • 児童教育(英会話や児童教育など)
  • 中学、高校、大学受験対策
  • TOEICやTOEFLなど語学試験対策
  • 就職・公務員試験対策
  • リカレント教育
  • 子どもの貧困対策、無料塾の提供

 このブログでは、上記の教育に関連する情報を発信していきたいと思います。また、日頃から私達が児童館などで取り組んでいる無料塾の様子なども伝えていきます。

PARADIGMを立ち上げた背景

 PARADIGM代表である私、平良は数年間予備校で勤めていました。働いていく中で、東京大学や早稲田大学、医学科などに進学する優秀な若者の姿を多く目にしてきました。

 一方、大学には行きたいがお金が無い、そもそも予備校に通うお金がないといった学生も多く目にした気がします。この子の未来のために、塾に入れてあげて大学に行って欲しいという気持ちはありつつも、会社員である私には社長にお願いする以外の手立てはありませんでした。その他にも、高校は全くの進学校じゃないけれど大学に進学したい、人生を変えたいなどと本当に多様な学生がいたました。

 その子達のための何かできることはないかと色々と苦悩した結果、「会社員の身分である自分の立場では何も与えることはできないし、何も変えられない」という何とも残念な結論に達しました。何かを実行する際も、上司の確認を取らなければならないし、社長の許可が必要です。このnoteを読んでいる若者の皆さん、何も悲観することはないです。社会ではそれが一般的であり、そのシステムに順応する人材が「社会人」だと呼ばれます。そして、自分の個人的な同情心だけでは、その子達にしてやれることはほとんど無いと実感しました。

 しかし、その社会システムに対して順応するだけでは、真の社会貢献をするには至らないと感じました。働いてお給料だけもらえばいいや、というスタンスを簡単に取ることができれば、このような行動に出る必要もなかったと思いますが、目の前で苦しむ若者に目を瞑ることはできませんでした。

 そこで私は自分自身で自分のしたい教育を行いたい、多様な人材を排出したい、お金が無い子でも良い人生を歩んで欲しいという気持ちからこの団体を今のメンバーと共に立ち上げる決意をしました。人生・社会を変える最も有効な手法は「教育」です。給与面の待遇や生まれ育った地域にある程度の格差はあっても特に何の不平も言いませんが、教育における格差があってはならないと感じています。皆が平等に教育を受け、人生を変える機会を等しく持って欲しいというのがPARADIGMの想いです。

 こんなことを言うと、日本国民には義務教育があり、全員平等に教育を受けているじゃないかと言われるかもしれません。しかし、世の中を動かしている政治家や官僚、高い給料を貰っている大企業の社員の大多数が大学出身であり、その大学に進学するために義務教育では収まらない教育を受けていることは確かです。学費の高い私立の中学校・高校、質の高い授業を受けるための塾・予備校、留学、習い事、そして最高学府である大学などの教育を受けているはずです。これらから、教育に格差があることは自明の理といえるでしょう。

 私達は、そのような教育格差を是正していくことを目標とし、日本社会に素晴らしい人材を排出できるよう組織を運営していきたいと思います。今はまだ任意団体であり、何の力もありませんが徐々に社会に認めてもらえるよう少しずつ活動し情報を発信していきたいと思います。

なぜ、大学生と一緒に起業するのか?

 私と共に法人を起業するメンバーは皆私の元教え子である大学生達です。なぜ、大学生と共に起業するのか?
 その理由は3つあります

  • 子どもたちは年齢の近い存在から勉強を教わる方が耳を傾けるため
  • 塾や予備校は高価であるため、地域の先輩である大学生などの存在が学習支援していくかたちが最も望ましい
  • これからの社会を担う存在である学生に社会貢献をする意義を知ってもらい、優秀な人材として羽ばたいて欲しいため

という理由・気持ちがあります。メンバーはそれぞれ何らかのかたちで社会貢献をしたいという気持ちを持った子たちばかりでした。しかし、まだ色々と勉強不足かつ踏み出す勇気が無かったと思います。それを私が背中を押したという感じです。